現在表示しているページ
ホーム > 熊野古道でヘルスツーリズム > 熊野健康村とは > 調査研究結果報告
ここから本文です

調査研究結果報告

調査研究結果(1)

熊野古道の心身への健康効果に関する調査
(2004年度国土施策創発調査)

2004年7月に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」。その中心的な資源である熊野古道は古くから多くの人々が祈りをたずさえ蘇りを求めて歩いた道です。その熊野古道ウォーキングが及ぼす心身への健康効果について科学的に検証調査した。[詳細内容]

調査研究結果(2)

熊野がもたらす心理的効果に関する研究調査
(平成17年度和歌山県委託調査)

世界遺産「熊野古道」への旅行が及ぼす心理的影響について心理学的指標に用いた客観的データに基づきその検証を行った。具体的には、熊野の文化の根底にある「還り」、「癒し」といった効果や霊場」、「伝説」に彩られた熊野旅行が「人生の意義」、「生きる価値」などを深く考えるきっかけとなるかどうかについて検証した。[詳細内容]

調査研究結果(3)

都市と連携した熊野におけるヘルスツーリズムの可能性調査報告書より

平成18年1月から実施されてきた熊野で健康ウォーキング参加者へのフォローアップとして平成19年3月に実施したアンケート調査結果を抜粋し、健康に対する行動変容など効果を分析する。[詳細内容]

ページトップにもどる