現在表示しているページ
ホーム > 熊野古道でヘルスツーリズム > 熊野健康村とは > 活動実績報告
ここから本文です

活動実績報告

活動実績報告
主要な取り組み

↓ 多様な主体が参画した中枢的組織の育成
↓ 関係機関との連携
↓ 健康に関する付加価値調査
↓ 人材育成
↓ 今後の展開

多様な主体が参画した中核的組織の育成

熊野地域の資源を生かした「滞在型プログラム」の開発

2005年

健康チェックウォークの実施

血液サラサラ検査などの健康チェックを取り入れた古道ウォーク

『熊野で健康ウォーク(定期)』の実施

健康づくりや運動の専門スタッフ、語り部が同行した古道ウォーク
※毎月第3日曜・月曜に実施

『熊野で健康ウォーク(企画)』の実施

花見散策、農業体験などを取り入れた古道ウォーク

2006年

河川療法プログラムウォークの実施

川湯温泉を使った水中運動プログラムや食事療法を取り入れた古道ウォーク

熊野セラピープログラムの実施

熊野セラピー(リラクゼーション)(健康ライフ)(メタボ)の商品開発

民間サービス受け皿構築・支援

2005年

財団法人和歌山健康センター「熊野で健康ラボ」 関連リンク

熊野で健康ウォークの拠点施設

2006年

民間による癒しの情報 拠点リンク

足湯、物販、飲食を備えた情報発信施設「癒し処”からす屋”熊野本宮」オープン

NPO法人熊野本宮 設立リンク

農業、地域体験の企画
熊野滞在の総合窓口

関係機関との連携

癒し健康を通した他機関などとの連携

2005年

2006年

広報・販路開発による利用促進

2005年

  • 熊野健康村ホームページ「熊野で健康.COM」開設

2006年

  • 定期的情報誌「熊野で健康ウォーキング」(年4回)の発行

※連携したメディア等のPRブースに出展

健康に関する付加価値調査

2005年

熊野古道の健康効果を検証リンク
古道ウォークがストレス軽減、免疫力アップになることを科学的に実証

2006年

熊野がもたらす心理的効果を検証リンク
熊野という場所が旅行者に与える心理的影響を実証

2007年

熊野で健康ウォーキング参加者アンケート調査リンク
ウォーキング効果や体験後の行動変容を分析
河川(川湯温泉)を活用した健康づくりに関する調査

人材育成

2006年

  • 語り部等ガイドの研修実施

2007年

田辺市地域再生事業との連携
(地域提案型雇用創造促進事業)
熊野セラピスト養成講座の実施
熊野トラベルケアスタッフ育成研修の実施
外国人観光客支援人材育成研修の実施

今後の展開

  1. 熊野の癒しの文化に立脚し、心とからだの両面からケアできる 総合的な保養地を創造します。
  2. 地域資源を活用し、健康を付加価値とした地域サービス産業の再構築を推進します。
地域資源を活用したヘルスツーリズムモデルの推進
*長期滞在プログラム「熊野セラピープログラム」の確立と利用促進
*特定保健指導対応プログラムの充実
癒し・健康サービスの受け皿となる地元民間プラットホームの育成
首都圏、関西圏をはじめとした都市部へのPR強化

ページトップにもどる